自己破産後にクレジットカードが作れるようになるまでの期間を調査

自己破産後にクレジットカードが作れるようになるまでの期間を調査

自己破産後にクレジットカードが作れるようになるまでの期間を調査

自己破産後にクレジットカードを作ることはできますか?
こう質問される方もおられるかもしれません。
この質問に対しては、作れると答えることができます。
ただし、条件があります。
その条件をクリアすることができれば、自己破産後でもクレジットカードを発行することは可能です。
ではその条件とはどのようなものでしょうか?
それは、信用情報機関での登録期間を終えるということです。
ひとたび自己破産が行われると、その事実が信用情報館に収集された登録されることになります。
そしてその登録はしばらくの間続けられることになり、一定期間が過ぎると登録が解除されます。
そしてその登録が解除されると、その人が自己破産した事実が知られることはなくなりますので、その時に再度クレジットカード発行の申請を行えば、発行してもらうことができるようになります。
このように、自己破産後にクレジットカードを発行するための条件は、信用情報機関での登録期間を終えることです。
ただし、中には自己破産者でも発行が許されているクレジットカードもあるようです。
それは一握りのカードですが、普通預金の残高の範囲だけで使用できるクレジットカードです。
そのようなカードでも構わない方は、ぜひそうしたカードをチェックしてみるといいでしょう。
そうであっても、ともかく自己破産の事実は信用情報機関に登録されます。
ですから、普通のクレジットカードについては破産者はこれをしばらく使用することができません。