自己破産できない人に当てはまる事とは?※借金解決ガイド

自己破産できない人に当てはまる事とは?※借金解決ガイド

自己破産できない人に当てはまる事とは?※借金解決ガイド

自己破産はどんな場合でも、申請すれば受理されるのでしょうか?
このように思った方もおられるかもしれません。
自己破産は、本人の借金があまりにも大きく膨らんでしまい、返済不能に陥ってしまったときに、その借金について免責してもらえる救済策のことです。
したがって、基本的には借金が返済不能に陥っていれば自己破産の申請は受理されることがほとんどです。
ただし、自己破産が受理できない場合もあることを覚えておきましょう。
それはどんな場合でしょうか?
一つは、借金が返済不能とはみなされない場合です。
本人の給与が安定していたり多い場合には、それをもって返済を行うことができるため、自己破産を認めることはできないのです。
よって、返済不能でない場合には自己破産はできません。
また、免責不許可事由に該当するものがある場合にも、自己破産ができないこともあります。
この免責不許可事由に該当するものとしては、ギャンブル依存症や浪費癖などが含まれます。
こうした状態にある場合は反省の色がないとみなされますので、申請を受理するわけにはいかないのです。
このように、破産申請を行ってもそれが認められないケースがあることが分かります。
実際には余程のことがない限り申請は認められますが、稀に認められないケースもあるということを知っておくといいでしょう。
破産手続きに関する詳しいことは、法律事務所の無料相談を利用して知ることができますので、何も分からない場合はそこで情報を得るようにしましょう。