自己破産のデメリット~噂の真相を徹底的に調べてみた結果~

自己破産のデメリット~噂の真相を徹底的に調べてみた結果~

自己破産のデメリット~噂の真相を徹底的に調べてみた結果~

債務整理のなかで自己破産は、裁判所ですべての債務を整理してもらう手続きです。裁判所で支払いが不可能であると判断されると免責が許可され、税金等を除くすべての債務が免除されます。しかしながら、一定以上の価値のある財産は手放すことになり、債権者に配当されます。ただし、保証人になってない限り家族に迷惑がかかることはありません。家族がローンを組むことには何の影響もありません。 
自己破産をすることにより、いくつかのデメリットが発生します。前述のように、一定以上の価値のある財産が処分されてしまいす。
その他、今後5~10年間は、新たにローンを組んだり、クレジットカードが作れなくなります。いわゆるブラックリストにのるわけです。
ネット決済などでカードが利用できなくなります。
また、短期間ですが、免責がおりるまでは警備員や士業などの一定の職業につけなくなります。さらに、これが最も大きいデメリットかもしれませんが、官報という国が発行する機関誌に住所と氏名が掲載されます。見ている人はほとんどいないとはいえ、記録は残ることになります。さらに、ヤミ金融などの悪徳業者が悪用することもありますので注意が必要です。
これ以外でも、自己破産によるデメリットはありますが、自己破産による債務免除という利点を考えると、さほどデメリットが大きいとも思われません。大事なことは、折角の人生をやりなおせるわけですから、2度と同じ過ちを繰り返さないようにすることです。