自己破産を同時廃止事件にするために大事な事※失敗しないために

自己破産を同時廃止事件にするために大事な事※失敗しないために

自己破産を同時廃止事件にするために大事な事※失敗しないために

裁判所に債務者が自己破産を申し立てると、その多くは破産手続が同時廃止となっていますが、この同時廃止とはいったいどのようなものなのでしょうか。
同時廃止とは、裁判所が破産手続開始の決定を出すと同時に、破産手続の廃止を決定することを指します。通常の破産手続では、裁判所が破産手続開始の決定を出すとともに破産管財人を選任し、破産管財人によって破産者である債務者の財産の換価・処分と債権者への換価した財産の分配が行われます。一方で、破産者である債務者に債権者に分配するだけの財産が無い場合は、裁判所が破産手続廃止を決定します。通常、破産手続廃止の決定は破産管財人の調査結果を受けて決定されるものですが、破産手続開始を決定した時点で債務者に破産手続を継続させられるだけの財産が無いことが明らかであると判断されれば、破産手続開始の決定後ただちに破産管財人を選任せずに破産手続廃止の決定を行い、免責手続に移行します。これが同時廃止の仕組みです。
自己破産を申し立てる債務者の多くは、債権者への債務の弁済が自力では困難な状態に陥っています。債務の弁済が出来ない以上、数十万円にもなる破産手続の費用を債務者自身が負担することが困難なのは明らかです。自己破産の事案の多くが同時廃止事案となるのはこのためです。同時廃止の仕組みがあることは、破産管財人の選任とそれにかける費用や手間の省略や、自己破産の一連の手続きの迅速化、破産した債務者の負担軽減につながります。