自己破産したら住宅ローンもなくせる?家を手放す必要はある?

自己破産したら住宅ローンもなくせる?家を手放す必要はある?

自己破産したら住宅ローンもなくせる?家を手放す必要はある?

自己破産は、借金などによる債務の支払いが不能となった個人が、債務を整理するための方法のひとつであり、通常はこの自己破産をすることによって、今まであった債務の支払い義務は免責となります。
ただし、自己破産をした事実は、国の法律や政令などを公布するのに用いられている官報にも掲載されて公にされてしまうほか、信用情報機関とよばれる個人の信用情報を収集する機関に登録されてしまうため、以後の住宅ローンなどによる借り入れが難しくなるといった弊害があります。
自己破産をした人がマイホームを取得するために住宅ローンによる融資を申し込んだ場合、銀行では信用情報機関に照会をして、その人の他の借入状況や自己破産などの事故情報を調査します。
特に、ほとんどの銀行が利用している信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターでは、一般的なローンやクレジットカードの契約内容や返済状況については5年間、官報に掲載されるような自己破産や個人再生についての情報は10年間、それぞれ登録を行い、その期間が経過すれば記録を消去することになっています。
このことから、自己破産をしてから10年間は、事前審査の段階でリスクが高いと判断されてしまい、銀行での住宅ローンの借り入れができない場合が多いといえます。
あえて住宅ローンの申し込みをするのであれば、現在の収入や資産の状況など、将来確実に返済できる見通しを示して、銀行側を納得させる必要がありますが、かなりの困難があるとみられます。