自己破産で官報に掲載される情報・期間について知っておきたい事

自己破産で官報に掲載される情報・期間について知っておきたい事

自己破産で官報に掲載される情報・期間について知っておきたい事

債務整理の中でも最後の手段といえるのが自己破産です。債務整理でかなり借金を減額してもらってもまだ返済が厳しい、返済能力がないという場合は自己破産を行えばすべての借金の返済から免除されることとなります。
そして、借金がなくなり増すので、その後は返済のことで悩まなくて良くなりますが自己破産はメリットばかりではありませんのでデメリットについても考えておきましょう。

自己破産をするとその情報が信用情報に掲載されることはよく知られていますが、官報にも掲載されることとなります。
官報にはどのような情報が記載されるのかも気になるところですが、破産者の氏名や住所、決定の日時や決定の内容、管轄の裁判所、破産管財人の氏名などが掲載されることとなります。

官報は政府が発行している新聞のようなもので法律や政令の制定や改正の情報や破産や相続などの裁判内容が記されています。行政機関の休日を除き毎日発行されています。

そしてこの官報は誰でも見ることができますが、一般の人が購読する可能性は低く、そして毎日何百人もの情報が掲載されていますので、それゆえに特定の個人の情報を取り出すことは難しくなっています。

それゆえに、官報に掲載されたからといって、すぐに破産したことが身近な人に知られる心配はほぼないと言えます。
インターネットからも見ることができますが、氏名などで検索する場合は有料のサービスに申し込む必要がありますので、一般の人が破産の情報を閲覧する可能性はかなり低いと言えます。