自己破産に必要な期間はどれくらい?手続き中に制限はある?

自己破産に必要な期間はどれくらい?手続き中に制限はある?

自己破産に必要な期間はどれくらい?手続き中に制限はある?

みなさんがもし仮に自己破産の手続きを行った場合、現在お持ちの財産はすべて差し押さえられ、借入金の返済義務自体はなくなりますが、すべての財産がない状態から新しいスタートを切らなければなりません。
それはおそらくとても困難な道のりであることは想像に難くなく、返済ができない状態であったということは収入もわずかしかない、ないしは全くない状態であることでしょうから、毎日の生活にも困ってしまうのではないでしょうか。
しかし、自己破産後は長い期間、新たな借り入れはできません。なぜなら金融機関がローンの審査に使用する個人信用情報にしっかりと自己破産の事実が掲載されていますからです。そして、その掲載期間は最長で10年間ですので、その期間の間はローンを組むことはおろか、クレジットカードの作製も相当難しくなるはずです。
ですから、取るべき手段はできる限り早く何かしらの仕事を見つけて、目の前の生活を乗り切っていくだけの収入源を確保することです。アルバイトでもなんでも良いので生活できるだけの収入を持つことができれば、その後の動き方についてよくじっくりと考える時間を持つこともできるでしょう。ですが、それすらも困難な状態からスタートするわけですから、自己破産を行ったことによるデメリットはみなさんご自身や、もちろん貸し倒れを作ってしまった金融機関にとっても大きなダメージとなるのです。
そのようにならないためにも、日ごろからきちんと毎月滞りなく返済していきましょう。