自己破産で免責がおりない場合とは?ギャンブルや浪費は大丈夫?

自己破産で免責がおりない場合とは?ギャンブルや浪費は大丈夫?

自己破産で免責がおりない場合とは?ギャンブルや浪費は大丈夫?

自己破産を行うに際して、免責が何を指すのか知っておかなければなりません。
自己破産の手続きを行えば借金がなくなると考える人もいますが、手続きをしただけでは借金はなくなりません。自己破産を認めた場合、債権者が不利益を被ることになります。そのため、裁判所で借金をなくすことが妥当であるか判断を行います。裁判所に認められて借金がなくなることを免責と言いますが、不当であると判断された場合には許可されないこともあります。この結果が出るまでに数か月かかります。
許可されない理由として、前回免責を受けてから7年以内に破産手続きを行っている、借金の理由がギャンブルや行楽などの浪費である、現在の借り入れを隠したり収入を偽って返済能力があるように見せかけて借り入れを行う、返済する気のない借り入れであり、一度も返済を行わずに借り入れてすぐに手続きを行った、など様々です。ただし、これらに該当していると絶対に許可されないというものではなく、破産者の現在の状況などを考慮した上で裁判所が判断を行います。余程悪質でない限りは許可が下りるケースが多いです。
免責された場合でも残る借金があります。滞納していた税金は返済の義務が残ります。養育費や故意、重大な過失などによる賠償債務についても返済しなければなりません。
なお、免責された借金は返済の義務がなくなり、債権者が取り立てることも禁止されていますが、返済を禁じてはいません。そのため、そのままでは不都合がある場合には免責決定後に特定の借金を返済することもできます。