自己破産のおおまかな流れを解説!~早く借金を解決するために~

自己破産のおおまかな流れを解説!~早く借金を解決するために~

自己破産のおおまかな流れを解説!~早く借金を解決するために~

全ての借金の免責を受けられる債務整理である自己破産には、そのメリットの反面当然ながらいくつかのデメリットも存在しますが、実際にはその後の生活に大きな支障が及ぶような、重大な制限が課されることはありません。
クレジットやローンの新規借入ができなくなるものの永久ではなく、一定期間が過ぎれば再び利用することができますし、一部の職業に対する資格制限も免責決定と共に解除されるので基本的には問題ありませんが、そんな中で気にする人が多いデメリットが、自己破産を行った事実が官報に掲載されてしまうことです。
確かに政府の機関紙である官報に住所と氏名が掲載されてしまうと聞くと、多くの人に自己破産を行った事実が知れ渡り、仕事や人間関係に支障が及んでしまう懸念を抱く人も多いですが、実際にはこれが実生活上のデメリットとなるケースはほとんどありません。
官報というものは休日を除く毎日発行されており、毎回膨大な量の情報が掲載されています。
そして、そもそも一般で官報を定期的にチェックしているという人は極めて少数である中、仕事上の同僚や知人、友人などが自分の名前を偶然発見してしまう可能性というのは皆無に近いのが現実です。
自己破産を行うべき債務状況でありながら、官報への掲載を過剰に警戒して、手続きを敬遠していても物事は解決に向かいません。
自己破産のデメリットの内容を正しく理解し、必要以上に怖がることなく前向きに検討しましょう。