自己破産2回目で手続きに失敗しない方法とは?※ポイント解説

自己破産2回目で手続きに失敗しない方法とは?※ポイント解説

自己破産2回目で手続きに失敗しない方法とは?※ポイント解説

自己破産は申し立て時点で保有している債務を帳消しにすることができるものですから、債務超過の状況に陥ってしまっている場合などは、事態を解決するために非常に有効に活用できる手段となってくれます。
ですがしかし、この自己破産があまりにも多発するようになってしまうと日本国内における融資は非常に厳しいものとなってしまうことでしょう。
そのため自己破産を行いたいという人がいたのであれば、その人に対しては本当にそれが妥当かどうかということをいくつかの条件に照らし合わせた上で判断がされることとなります。
ここで特に問題になってくるのが「2回目の自己破産を行う」というような場合です。
実際のところ、この回数に制限などがあるわけではありませんから、2回目の自己破産が行われるということは十分にあり得るのです。
ではその条件とはどういったものがあるのかと言うと、まず最も重要になるのが「前回から7年が経過していること」という部分です。
7年が経過していないという場合には裁判官の裁量免責を期待するほかないのですが、その裁量免責も「債務の原因はやむを得ないものだった」と判断される場合にしか下されることはありません。
そのため2回目の自己破産をするという場合には、直前のものから7年が経過してからにすることが必要になるのです。
また通常これは人生において何度も行うものではありません。
ですから2回目の自己破産ということになってしまうと、裁判官から下される判断もかなり厳しいものとなる傾向があります。
もしやむを得ずに2回目の申し立てをするというような場合なのであれば、弁護士などに助けを求めた上で行うと良いでしょう。